軌跡と共に訪れる出会い

人生においての出会い

男性と女性が出会い、恋愛に至るまでにはいろんなドラマが秘めれられています。それはテレビで放送されているようなドラマよりも、よりリアルで生々しいものです。そんな出来ことがあなたの知らない間に身の回りでたくさん起こっているのです。また、自身においても同じ時代に生まれて、特定の場所と時間に目の前の人との出会いも奇跡ということなんです。そして、男性と女性において惹かれ合う確率は奇跡以上のものがあります。その出会いは奇跡を超えたものであることは言うまでもないでしょう。

出会いという出来事自体が奇跡的なもので、人それぞれが歩んできた人生において、その人生のなかで同じものを共有することが出会いであるとも言えるのです。それが恋というものになって愛に変わった時に恋愛が始めって濃密な人生の重ね合わせが行われることになるのです。それはすなわち、出会いという奇跡が起こって恋をすることによって、その出会いに意味を持たせて未来へと人生を見据えることができて、その人生を共に歩んでいくことが出来たのであれば、それ愛となるのです。

しかし、それが恋であろうと愛であろうと、人生というのは真っすぐで平坦ななものでは決してありません。その人生の先には曲がりくねったデコボコなものもあれば、上がったり下がったり、時に途切れたりなるでしょう、さらには来れられないような壁が立ちはだかることもあるでしょう。それを一緒に共有出来る人がいれば良いですが、ひとりでその人生を乗り越えていかないとかないといけないこともあります。そうして人生を送っていってもゴールはないですが、一緒に送れる人も探すために出会いを求めているのです。そして、その先の人生を夢見ているのです。

出会いは偶然

すべての出会いは偶然の中で起こっているのです。しかし、出会いというのは偶然でもり奇跡でもあるとも言えるのです。そういうと矛盾しているようであり、哲学的な表現にもなってしまいますよね。つまりは、偶然に出会ったもの同士がお互いが行動を自分で決断して出会いにまで至ったのです。それは必然的なことでもあるのです。これは恋愛においてだけではなく、すべての出会いにも言えることです。偶然は自分が歩んできた人生の中で選択してきた結果においてあるもので、その選択した人生を歩んでいけば自ずと必然的な出来事が起こるのです。

しかし、その必然のもとで起こる出会いにおいて、ふたりの人生のおいて偶然の中で重なり合わなければならないのです。それを奇跡だとは思いませんか。必然とは結果的なものなのかも知れませんが、それも運命とも呼べるでしょう。何が言いたいのかと言うと、人と人が出会い、恋をして愛を育むという過程は素晴らしい奇跡なのです。

恋と愛

恋といのは求めるものです。会いたい、いつまでも傍にいたいなどと思うことで満たされない気持ちで心がいっぱいになります。そのために胸が苦しい感じになって締め付けられるような思いになったりします。恋と言うのは基本的には片思いになります。時に片思いだと思っていた状況でもあります。自分の気持ちを抑えないといけない状況からそのような胸が締め付けられるような思いになってしまうのです。では、その恋の落ちる瞬間どのような状況なのでしょうか。出会っただけという状況では、そこから恋には発展はしませんよね。そこに何か特別な要素が加わることによって心を動かされたり、魅力を感じて恋へと発展していくのです。

愛は与えるものです。恋とは違って無償で相手のことを思うこと、大切に思うことこそが愛と呼ぶのです。恋はひとりではできますが、愛はひとりでは成り立たないのです。愛にはいろいろとありますが、ここでは恋愛においての話です。恋が愛になる瞬間は恋が成就した瞬間です。ふたりがお互いに恋をしたりして、お互いがそれを知って認め合った瞬間に愛は誕生するのです。

PR
逆援助
http://www.reverse-aid.com/
恋人募集サイトを見極めるなら出会い塾で勉強しよう!
恋人の作り方がすべてわかる!

このページの先頭へ